メイン ブログ 協調的リーダーシップ:チームをやる気にさせる効果的な戦略

協調的リーダーシップ:チームをやる気にさせる効果的な戦略

従業員の期待の変化に対応するために、 企業はリーダーシップのスタイルを修正する必要があります 。従業員は、自分の意見や専門知識を尊重し、尊重する企業で働くことに関心を持っています。その結果、より多くの企業が共同リーダーシップを経営スタイルに取り入れています。

そしてそれは理にかなっています。何か信じられるものを見たので、これらの従業員を雇いました。では、なぜ彼らの専門知識を引き出して意思決定プロセスに取り入れたくないのでしょうか。



それでは、コラボレーションリーダーシップがどのように見えるか、そしてこれらの競争上の優位性をどのように会社に組み込むことができるかを見てみましょう。

協調的リーダーシップの基礎

過去には、一部の事務所は独裁政権のように運営されていました。リーダーが1人いて、全員の仕事は疑いなく彼らの命令に従うことでした。これらの決定がどのように行われたかについての洞察は誰も受けませんでした。

今日のリーダーは、新しいアプローチを試みています。それは、協調的なリーダーシップスタイルです。協調的リーダーシップとは グループとして意思決定を行い、経営者の責任を分かち合う 。このモデルでは、さまざまなチームのリーダーが1つのユニットとして協力して、ソリューションを一緒に作成するためのニーズと目標を伝えます。



たとえば、マーケティング会社について考えてみます。さまざまなスキルが1つのマーケティングキャンペーンに組み込まれます。以前のモデルは、1人がすべての決定を行い、各チームに仕事のやり方を教えるという方法で機能しました。

どのようにして脚本家になりますか

しかし、この1人は、マーケティングキャンペーンのあらゆる部分の専門家になるはずです。各コンポーネントの一般的な知識を持っている人は、専任の専門家よりも優れた意思決定を行うことができますか?

新しいモデルでは、共同リーダーが協力して意思決定を行います。グラフィックデザイン、コピーライティング、有料広告、データ分析の責任者は、独自のスキルセットを持つ多様なチームが1人よりも優れた意思決定を行うことを認識しているため、協力します。この共同作業のプロセスにより、専門家はチームに最も影響を与える決定を下すことができ、これらのリーダーがチームと連携する方法にフィルターをかけます。彼らは、複数の人が問題を検討することがどれほど役立つかを認識しているので、チームに意見を求めるのがより簡単になります。



コラボレーティブリーダーシップアプローチは、チームの力を1人のリーダーから分散させ、全員を意思決定プロセスに関与させることに重点を置いています。

一人の人が権力の立場からチームを指揮統制することで、彼らの下で働く人々は無力だと感じます。これは彼らが彼らが評価されないことを知っているので彼らに彼らの意見を提供することを望まないようにします。

コラボレーション文化により、誰もがプロジェクトの方向性について発言できるように感じることができます。一人から盲目的に指示するのではなく、誰もが協力して問題を解決することができます。

コラボレーティブリーダーシップのメリット

コラボレーションを実践するチームは、エンゲージメントと生産性の向上率が高くなります。チームメンバーは、自分の貢献が評価されていると感じたときに、アイデアや提案を提供し続ける可能性が高くなります。励ましのマネージャーを持つことは、チーム間の信頼を築きます。

ことわざにあるように、2つの頭は1つよりも優れています。では、オフィスチーム全体はどうでしょうか。グループの集合知は、ブレインストーミングと洗練のプロセスに役立ちます。 1人の人にすべてのアイデアや戦略を考え出すのではなく、1人の人が最初のアイデアを提供し、他の人がそれを形作るのを手伝うことができます。彼らの目標。

計画を胸の近くに保つのではなく、リーダーが情報を共有して、チームの全員が同じページにいて同じ目標に向かって取り組んでいることを認識できるようにするのが最善です。理由を説明せずに誰かの指示に盲目的に従うことを余儀なくされたとき、やる気を感じるのは難しいです。チーム全体が必要なすべての情報にアクセスできるようにすることで、チームは個々のタスクで最善の決定を下すことができます。

人々は全体像を把握しているときに最もよく機能します。

コラボレーションリーダーシップを会社に組み込む方法

コラボレーション環境を促進する上で最も重要な部分は、コラボレーションの精神を体現するリーダーを持つことです。従業員は、リーダーが不誠実であるかどうかをすばやく知ることができ、提案が心に留められると思わない場合、参加する意欲を感じることはありません。このリーダーシップスタイルは、マネージャーが時間をかけて従業員に投資する場合にのみ機能します。

1人の担当者を配置する代わりに、部門の枠を超えたリーダーシップチームを作成して、責任を分担することができます。この方法では、スキルセットの異なるさまざまな担当者を配置できます。担当者が1人だけの場合、プロジェクトのすべての要素の専門家になるのは困難です。管理チームを持つことで、各プロセスの一般的な知識を持つ1人ではなく、専門家のチームから意思決定を行うことができます。

このチームを設立するときは、チームが個々のチームを運営する方法にも協力的なリーダーシップを取り入れていることを確認してください。

ゲームで最も使用されているプログラミング言語

会議を開催するときは、話し合いのためにフロアを開いて、人々が答えたときに積極的に感謝するようにしてください。彼らの貢献を認めて、参加に感謝していることを示してください。あなたは提案を求めることができますが、人々が彼らが真剣に受け止められると信じていない場合、彼らは声を上げません。講義ではなく、ディスカッションとして会議を実行するようにしてください。

タスクをチームに委任したら、チームをチェックインして、プロジェクトをさらに効果的にするための提案があるかどうかを確認します。たぶん、一連の指示の1つが彼らにとって意味をなさないでしょう。プロジェクトに取り組む次の人への指示を改善できるように、彼らに意見を求めてください。

リモートワークがチームのインフラストラクチャの一部である場合でも、共同リーダーシップを使用できます。自由に使えるコミュニケーションツールを使用して、アクティブなコミュニケーションを促進します。

  • ビデオ通話: 同じ部屋にいないからといって、1人だけが参加する必要があるわけではありません。動画よりも手間がかかるように思われる場合でも、全員が積極的に参加し、参加し続けるようにしてください。誰かがエッジワイズで言葉を得るのに苦労している場合に備えて、挙手機能を利用してください。
  • 猫: グループでSlackやMicrosoftTeamsなどのプログラムを使用している場合は、それを使用してください。人々があなたから迅速な回答を得るためにアクセスできるようにし、チェックインのために連絡することを恐れないでください。

今日のあなたの管理スタイルを磨く

マネージャーとして、 あなたには継続的に成長し、リーダーシップのスタイルを変える力があります チームのニーズに最適に一致します。毎日同じでいる必要はありません。テクニックを徐々に進化させることで、チームにとって何が効果的で何が効果的でないかを試す機会が得られます。オープンマインドですべての問題に取り組み、チームメンバーが協力して目標を達成することを信頼してください。

協調的なリーダーシップは、チームの可能性を解き放ち、一般的な士気を高めるための扉を開きます。チーム全員がピーク時に働いた場合に、チームが何を達成できるか想像してみてください。管理スキルの開発と最高のリーダーになることについてもっと学びたい場合は、WBDに参加してください!最高の自分になるために努力している女性のコミュニティに参加してください。 WBDが今日あなたのために何ができるかを見つけてください!