メイン ブログ 6つの一般的なリーダーシップスタイルと独自のリーダーシップスタイルを見つける方法

6つの一般的なリーダーシップスタイルと独自のリーダーシップスタイルを見つける方法

権力の立場にあるすべての人々が同じリーダーシップアプローチを使用しているわけではありません。誰かが使用するリーダーシップのスタイルの種類は、その人の性格と彼らが率いるグループの種類によって異なります。クリエイティブなマーケティングチームを率いるときに機能する効果的なリーダーシップスタイルは、幼稚園の教師が若い生徒をコントロールしようとしても機能しません。

自分がリーダーシップの立場にあることに気付いた場合は、次のことを行うことが重要です。 あなたに最適なスタイルを開発する そしてあなたのチーム。



リーダーシップに対するスタンスを発展させる際に考慮すべき6つのリーダーシップスタイルを以下に示します。

1.民主的指導者

民主的リーダーシップ リーダーシッププロセスへの共同参加を優先する 。リーダーは議論を促進しますが、すべてのメンバーは意思決定プロセスに参加するために彼らの考えや視点を自由に共有するよう求められます。このタイプのリーダーシップは成功率が高く、チームの士気を高める傾向があります。

ストーリーに登場人物を紹介する方法

チームメンバーは、創造的なプロセスの重要な部分であるため、力を与えられていると感じます。リーダーは注文を出すためにそこにいるのではなく、アイデアの開発と共有を支援します。チームメンバーには創造的な自由とコントロールが与えられているため、チームメンバーからの高いレベルの関与があります。アイデアは自由に流れるものであり、リーダーの役割は、その流れを制御し、創造性に報い、奨励し、全員が貢献した後に最終決定を下すことです。



このモデルの潜在的な落ち込みは、チームメンバーが意欲を失い、価値がないと感じたときに発生する可能性があります。リーダーが自分の貢献を真に考慮したり尊重したりしないと感じた場合、提案する価値があるとは感じません。このリーダーシップのタイプを具体化する人は、他の人のアイデアに真にオープンで敬意を払う必要があります。

2.カリスマ的なリーダー

カリスマ的なリーダーシップのスタイルは、理想を具現化して表現する人々に最適です。彼らは、自然なカリスマ性、優れた演説スキル、優れたコミュニケーション技術を使用して、リスナーをプラットフォームに変換します。彼らはよく話され、説得力があり、信頼できるので、人々は大義のために彼らの立場に引き付けられます。

これらのリーダーには、多くの場合、自分自身や特定の組織よりも大きな目標があります。マーティンルーサーキングジュニア博士は南部キリスト教指導会議のメンバーでしたが、彼の目的は公民権を推進することであり、利益のために彼の組織の収入やメンバーシップを増やすことではありませんでした。



彼らの雄弁さと感情を通して彼らの聴衆とつながる能力は、彼らが適切な聴衆を見つけるとき、彼らを非常に強力にします。

このリーダーシップスタイルは、より高い目的を提唱することで機能するため、チリのチームマネージャーである人にはうまく機能しません。彼らは優れたコミュニケーションスキルを使用してチームとつながることができますが、接続する理由がこれ以上ないため、ミッションへの深い情熱は不誠実なものとして失われます。

3.独裁的な指導者

独裁的なリーダーシップスタイル ランクと構造に完全に依存します 。リーダーがリードし、その下の全員が疑いなくフォローします。平等なアイデアのオープンなコミュニケーションや共有はありません。リーダーはすべての意思決定に責任を負い、その下の人々は彼らのタスクを実行する方法についての指示を与えられます。

このスタイルは非常に柔軟性がなく、ルールとプロトコルに強く依存し、一方向の関係を優先し、いかなる種類の創造性の余地もありません。

キャラクターの考えをどのように書きますか

このリーダーシップのスタイルは、創造的な環境では効果的ではなく、21世紀のアメリカでは一般的に好まれていません。従業員は彼らを評価する雇用主を評価し、このプロセスはリーダーまたは彼らの下で働く人々の人間化の余地をあまり残しません。

4.官僚的指導者

官僚的なリーダーシップのスタイルは、独裁的なスタイルと混同されることがよくあります。 規制の厳格な遵守に依存しています 創造性の余地はありません。ただし、2つのスタイルの主な違いは、独裁的なスタイルには1人のリーダーがいるのに対し、官僚的なシステムには一連の指揮権があるということです。

このスタイルは、1人のリーダーがすべてのエグゼクティブの決定を行うのではなく、この一連のコマンドに沿って決定が行われるようにフォーマットされています。決定が誰かの賃金等級または管轄を超えている場合、決定は指揮系統に押し上げられるため、より強力な誰かがその選択を行うことができます。

各役割に一連のタスクと責任があるように、階層は明確に記述され、分割されています。この階層に沿った誰も、自分の役割に何が含まれるかについて質問するべきではありません。タスクはこのチェーン間で分割され、各人がそれぞれの専門分野で作業できるようになっています。理論的には、このタイプの組織の誰かは、彼らのパフォーマンスと経験に基づいて後者を上る能力を持っています。

このスタイルは非常に非人称的である傾向があり、一部の人はこれを無慈悲と見なすことができます。誰もが自分の立場でそのような堅い構造を楽しむわけではありません。しかし、誰かが繰り返し、信頼性を好み、一貫した環境の下で繁栄するのであれば、彼らはこのタイプの組織での地位を享受するかもしれません。

5.リーダーにやらせましょう

自由放任主義の公正なリーダーシップのスタイルは、この役割の人々がチームと非常に実践的なアプローチを取っているため、委任型リーダーシップとも呼ばれます。チームのメンバーが自分で指示し、自分で決定を下し、チームが自分でそれらの選択を行わない場合にのみ、タスクを委任するために実際に介入することができます。

視点第三者全知

このリーダーシップは非常に成功することもあれば、見事に失敗することもあります。チームが非常に明確な役割を持つ独自の分野の非常に才能のあるリーダーで構成されている場合、自由放任主義のリーダーがうまく機能する可能性があります。そうすれば、誰もリーダーシップをコントロールする強い立場にいることはありません。

ビデオゲームプログラマーになる方法

多くの場合、このアプローチでは、チームの関与と生産性のレベルが低くなります。チームがリーダーが成功を形作る上で積極的な役割を果たしていると感じない場合、チームは自分自身を助けることに特に意欲を感じることはありません。このスタイルでは、決定は従業員に任されているので、非常に強力で決定的な思想家のグループがある場合、これはうまくいく可能性がありますが、メンバーがリーダーからの指示があまりないと感じている場合は、そうではない可能性がありますどこを向くかを知っています。

6.使用人リーダー

使用人のリーダーシップスタイルを使用している人は、チームの利益を念頭に置いて行動します。委任する代わりに、彼らは個人としてチームのニーズを満たすためにできる限りのことをします。なぜなら、彼らは価値があり、充実していると感じるメンバーが最も生産的であると信じているからです。チームメンバーがチームの一員になりたいと感じたとき、彼らの仕事の質と効率は大幅に改善されます。

このリーダーは思いやりとコラボレーションを選択します。彼らは、チームの個々の満足度を自分たちの満足度よりも優先し、チームから一貫したフィードバックを得ることに重点を置いています。

この敬意と優しさは、特にリーダーが持っているすべてのものをプロジェクトに投入しているのを見ると、従業員に刺激を与えます。メンバーは、チームの他のメンバーより上にいるように振る舞うのではなく、自分より上の位置にいる誰かが情熱を示したときにうまく反応します。このスタイルは、非営利団体で一般的に使用されています。

独自のリーダーシップスタイルの作成

1つのリーダーシップスタイルを純粋に直接解釈したリーダーはほとんどいません。より一般的には、リーダーはいくつかのスタイルをブレンドして、すべて独自のスタイルを作成します。

個人としての強みを引き出す ;あなたが情熱を持っている大義を持っている思いやりのある人なら、あなたはしもべとカリスマ的なリーダーのブレンドになることができます。グループから意見を聞くことに関心があり、教室の教師である場合は、民主的なスタイルを使用していますが、立場自体は独裁的です。

あなたの立場の範囲内で働き、あなたの情熱と個性をあなたのスタイルに吹き込みます。どのタイプのリーダーになることを選択しますか?親切にすることを選択します。