メイン 音楽 耳を鍛える方法: 耳を鍛える 7 つのテクニック

耳を鍛える方法: 耳を鍛える 7 つのテクニック

音楽の構成を理解するには、強い内耳が不可欠です。そのため、ほぼすべての音楽学校で、生徒に耳のトレーニング クラスの受講が義務付けられています。優れたミュージシャンは、パフォーマンスの質を向上させる高度なリスニング スキルを持っています。これらのスキルは、音楽を学ぶ学生や、音楽を聴き、理解し、演奏する上で上達したい人にとって不可欠です。

ボトルに何オンス
私たちの最も人気のある

最高から学ぶ

100以上のクラスで、新しいスキルを習得し、潜在能力を解き放ちましょう。 ゴードン・ラムゼイ料理Ⅰ アニー・リーボヴィッツ写真撮影 アーロン・ソーキン脚本 アナ・ウィンター創造性とリーダーシップ デッドマウ5電子音楽制作 ボビィブラウン化粧 ハンス・ジマー映画音楽 ニール・ゲイマンストーリーテリングの芸術 ダニエル・ネグレアヌポーカー アーロン・フランクリンテキサススタイルバーベキュー ミスティ・コープランドテクニカルバレエ トーマス・ケラー調理テクニック I: 野菜、パスタ、卵始めましょう

セクションへジャンプ


耳のトレーニングとは?

耳のトレーニングは、音楽理論の研究分野であり、ミュージシャンは聴覚だけを使用して、ピッチ、メロディー、コード、間隔、リズム、およびその他の音楽のさまざまな基本要素を識別します。耳のトレーニングでは、音やその他の音楽要素を聞くだけでつなげることができます。



耳のトレーニングが重要な理由

耳のトレーニングは、ミュージシャンのパフォーマンスに役立ちます。耳のトレーニングを通じて聴覚スキルを磨くことは重要です.参考ノート)。

これは、聞いていることを分析して解読するのに役立つスキルであり、音楽要素間の関係をよりよく理解することができます。耳のトレーニングを行うと、リズムを改善し、楽器をより正確に調整し、他のミュージシャンとよりよく演奏し、即興と視覚歌のスキルを強化できます。

7つの耳のトレーニングテクニック

耳のトレーニングの練習は、ミュージシャンがリスニング スキルを向上させる効果的な方法です。 1 日にこれらのスキルにほんの少し時間を費やすだけで、内耳を強く保つことができます。



ウルシの代替品は何ですか
  1. ピッチ耳トレーニング : 同じ音を歌ったりハミングしたりしながら何度も演奏し、その音を頭の中でその名前と関連付けることで、音を認識できるように耳を訓練します。頭の中の音がはっきりと聞こえるほど、ピッチを識別しやすくなります。
  2. スケール耳のトレーニング : スケールは、すべてのミュージシャンが理解するために不可欠な音楽のもう 1 つの構成要素です。各音階にはオクターブあたり 7 音が含まれ、8 分音符は次のピッチでトニックを繰り返します。すべてのメジャー スケールとマイナー スケールの調号識別は、楽曲がどのキーに含まれているかを判断するのに役立ち、調和のとれたコード進行と素晴らしいメロディーを作成するために不可欠です。
  3. インターバル耳トレーニング : 間隔の特定は、耳のトレーニングの重要な要素です。オクターブ内のすべての音程を学習すると、後でメロディーを識別して複製するのが簡単になります。前後の間隔を把握して、耳を簡単に拾えるように訓練します。インターバル トレーニングを行うと、2 つのピッチ間のスペースを識別する耳の能力が向上するため、どのノートが 1 オクターブにまたがっているのか、どのノートが複合間隔 (1 オクターブより大きい) であるかなどをすばやく把握できます。ピッチ間の距離をしっかりと理解することで、耳に心地よい和音のセットを作ることができます。
  4. コードイヤートレーニング : 3 つ以上のノートを同時に弾いてコードを構成します。耳を鍛えて、自分が聴いているコードの種類や、どの音が一緒に聞こえるかを知ることで、音楽でより良い音のコードを生成したり、特定の感情的な効果を生み出すことさえできます。たとえば、メジャー コードはポジティブな感情とより関連しており、マイナー コードはネガティブな感情を表現するために音楽でよく使用されます。さまざまなコードを聞いて、メジャー、マイナー、ディミニッシュ、またはオーグメントのどれであるかを識別してください。
  5. コード進行トレーニング : 特定のコード進行を構成するコードの性質を認識する方法を学んだ後、曲がメジャー キーまたはマイナー キーであるかどうかを判断できます。これは、曲の雰囲気を設定するもう 1 つの有用な要素です。
  6. 機能的耳のトレーニング : 楽曲内の特定のピッチを聞いて、トニック (メジャーまたはマイナー スケール内のキーノートまたは開始音) 内での役割を認識すると、その音楽がそのように構成されている理由と、それがどのようなムードを引き出すのかをよりよく理解するのに役立ちます。さまざまな種類の音楽間の特定のパターンを認識し始めると、時間の経過とともにより多くの音楽で識別しやすくなります。
  7. メロディックディクテーション : メロディーを見ることは、耳に覚えさせるもう 1 つの方法です。この耳のトレーニングには、耳でしか聞こえなかった音楽を書き起こしたり再生したり、聞いたばかりの音を確認したりすることが含まれます。ディクテーションにより、作曲や即興演奏に必要なノートの視覚化がさらに上手になります。
アッシャーがパフォーマンスの芸術を教えます クリスティーナ・アギレラが歌うことを教えます リーバ・マッキンタイアがカントリーミュージックを教えますデッドマウ5が電子音楽の制作を教えます

音楽についてもっと知りたいですか?

MasterClass 年間メンバーシップでより良いミュージシャンになりましょう。イツァーク パールマン、ハービー ハンコック、トム モレロなど、音楽の巨匠が教える独占的なビデオ レッスンにアクセスできます。