メイン ブログ 中小企業がマネージドITサービスについて知っておくべきこと

中小企業がマネージドITサービスについて知っておくべきこと

中小企業を経営している場合は、常に次の方法を探しています。 時間を節約する とお金。現在、ほとんどのビジネスアクティビティはデスクトップコンピュータ、ラップトップ、およびモバイルデバイスで行われているため、作業を効率化するには、適切なセットアップITネットワークを用意することが重要です。予算が限られている場合は、独自のITを管理するのが賢明に思えるかもしれませんが、マネージドITサービスは中小企業にとって価値がありますか?

予測可能な費用



毎月のサブスクリプションベースでマネージドITサービスを使用する場合、ITの毎月のコストと、支払いが必要な時期を正確に把握できるという利点があります。独自のITを実行している場合、必要なコストと時期を予測するのは難しい場合があります。即席の修理を行い、オンデマンドで外部のヘルプを呼び出すことは、費用がかかる可能性があり、驚きのコストであなたを襲う可能性があります。計画されたサービスを使用すると、ITコストを正確に把握できるため、それに応じて財務と予算を計画できます。

より安価なITサポート

中小企業の場合、社内のITチームを雇うよりも、外部のITサービスを使用する方が安くなる可能性があります。外部からの支援も、会社からの時間とスタッフのリソースをより少なく吸収します。スケジュールされたサービスがあると、必要なときにオンデマンドのヘルプにお金を払うよりも、長期的には安価に解決できます。



専門知識

専門知識が安くはないため、社内の専門家による支援を雇うことは費用がかかる可能性があります。あなたとあなたの経営陣が専門的なITスキルと知識を欠いている場合、これはあなたの会社が成長するのを難しくする可能性があります。

ITサービスを使用すると、専門家を自分で採用したり雇ったりすることなく、必要なときにいつでもITエキスパートにアクセスできます。助けが必要なときはいつでも、専門知識のある人を呼ぶことができます。



また、ネットワークは専門家によって継続的に監視され、何もしなくても維持されます。安心して、代わりに他のビジネスニーズに集中する時間ができます。

より多くの稼働時間

長期間にわたるITのダウンタイムは、中小企業にとって災害となり、生産性に大きな影響を与える可能性があります。

ITエージェンシーにアウトソーシングする場合、ITエージェンシーは常に監視と保守を行います。これは、問題を迅速に特定して修正できることを意味し、ダウンタイムの可能性を大幅に削減します。これは、中断することなく作業を続けることができることを意味します。

最新のソフトウェアと技術

ソフトウェア開発は迅速に行われる可能性があり、最新のテクノロジーを最新の状態に保つために非常に費用がかかる可能性があります。アップグレードがなければ、あなたの会社はすぐに時代遅れのテクノロジーなしで終わる可能性があります。

MSPを使用すると、ソフトウェアやその他のテクノロジーの最新オプションにアクセスできるようになります。あなたのスタッフはあなたがそれを支払う必要なしに利用可能な最良のオプションを使い続けることができるでしょう。 MSPは、あなたに代わってソフトウェアまたはハードウェアプロバイダーと話すこともできます。つまり、実際には理解していない技術的な議論を処理する必要はありません。