メイン ブログ 建設事故が発生した場合の対処方法

建設事故が発生した場合の対処方法

どんなに小さな事故でも軽度の事故でも、事故に巻き込まれるのは冗談ではありません。それはあなたの人生全体に影響を与え、肉体的にだけでなく、感情的、社会的、そして経済的にもあなたに影響を与えます。事故はどこでも発生する可能性があり、危険な環境で作業している場合、作業関連の事故に巻き込まれる可能性は2倍になりました。

職場での事故や怪我は非常に一般的であるため、人身傷害訴訟の主な理由でリストの一番上にあります。職場での建設事故や通りを通りかかったときに怪我をした場合は、責任者に対して訴訟を起こし、怪我の結果として損害賠償を請求することができます。



一般的なタイプの建設事故

職場での事故のほとんどは、他人や管理者の過失、機器の故障や機能不全、製品の欠陥が原因です。建設業界で発生する最も一般的な種類の事故には、次のものがあります。

  • クレーン事故
  • 機器または構造物の崩壊
  • 感電死
  • 爆発
  • 有毒化学物質への暴露
  • 落下する破片
  • 転倒やはしご事故
  • 機械の故障
  • 背中と関節への繰り返しのストレス
  • 溶接事故

あなたは何をするべきか?



あなたが合法的に物事をとることを計画しているならば、これは迅速な合法的な回復を確実にするために行うべき重要なステップです。

すぐに治療を受ける

事故の証拠を収集することにどれほど熱心であっても、安全で危険がないことを確認することほど重要なことはありません。可能であれば、できるだけ早く緊急治療室に行くか、そうでない場合は、911に電話して医療支援を受けてください。治療を受けたら、怪我の程度、その持続時間、および怪我が仕事を遂行する能力に及ぼす可能性のある影響など、状態を文書化することを忘れないでください。明らかな怪我を起こさない事故に巻き込まれた場合でも、健康診断を受けることをお勧めします。



事故を報告する

事故の報告をできるだけ早く提出することは、収入の損失に対するあなたの経済的回復を助けるために労働者災害補償給付を得ることに向けた重要なステップです。報告プロセスを延期すると、通常は時間制限があるため、利益に対する権利が危険にさらされる可能性があります。怪我をしていないと思われる場合でも、雇用主にそのことを知らせることをお勧めします。

文書化して写真を撮る

何が事故を引き起こしたのか、誰がその時に出席していたのかなど、可能な限り詳細を含めて、何が起こったのかをメモします。労災補償が拒否されるなどの不幸な事態が発生した場合、事故を目撃した人々が重要な役割を果たすことができます。さらに、事故現場の写真を撮ります。主張を証明するのに役立つ詳細を必ずキャプチャしてください。たとえば、職場に安全上の問題があること。あなたが責任のある当事者に対して訴訟を起こすことを計画している場合、これらすべてがあなたの訴訟を助けることができます。

法律専門家に相談する

仕事でけがをしたときは、仕事関連の事故や怪我を含む法律を専門とする経験豊富な法律専門家に助けを求めることが重要です。弁護士は、あなたがあなたの怪我の責任者に対して法的措置を取るのを助け、あなたの事件を裏付けるために必要な証拠を集めることができるはずです。彼はあなたの損失の完全な支払いを危険にさらすことなく事件を解決するために可能な限り最速の方法を目指すべきです。

職場で発生する建設事故やその他の種類の事故は、常に経営陣に届く必要があります。事故には法的な影響があるため、法的な支援を受けることが重要です。

リー・テイラー

リー・テイラーは リバク事務所 、一般の読者のために法律のトピックに関する記事を書くことに多くの時間を費やしています。リーはオフィスの常駐コメディアンであり、気分を明るくするために冗談を言うことがよくあります。彼女はいつもみんなを笑顔にする楽しい話をしています。