メイン ブログ トランスフォーメーショナルリーダーシップ:チームを刺激し、やる気を起こさせる方法

トランスフォーメーショナルリーダーシップ:チームを刺激し、やる気を起こさせる方法

チームを率いる準備をしているときは、次のことを行う必要があります。 グループのニーズに合わせてリーダーシップのスタイルを調整する 。すべてのチームが同じように運営されているわけではなく、リーダーシップのアプローチごとに異なる対応をします。

あなたのチームが従業員をサポートすることに情熱を持っている活気のあるリーダーを探しているなら、彼らは変革的リーダーシップアプローチを使用してあなたに感謝するでしょう。



トランスフォーメーショナルリーダーシップのこの概念は、チームとその個々のメンバーの成功を深く気にするマネージャーに依存しています。あなたのチームが、プロジェクトのステップと共通の目標を明確に概説し、その過程でチームを支援するリーダーにうまく対応すると思うなら、このリーダーシップ戦略はあなたにとってうまくいくでしょう。

トランスフォーメーショナルリーダーシップの基礎

トランスフォーメーショナルリーダーシップスタイルのルーツ 情熱とインスピレーションを与える動機です。担当者は、プロジェクトとの深いつながりと、プロジェクトを成功させ、成功させるためのインスピレーションを必要としています。リーダーは彼らのエネルギーと火花をプロジェクトにもたらし、それが効果的に行われると、チームにも刺激を与えます。

リーダーシップの専門家は、プロジェクトを単独で開始します。彼らは、プロジェクトがどのように行われるか、どのような手順を踏む必要があるか、そして誰がどのような役割を果たすかを決定することによって、すべての面倒な作業を行います。プロジェクトのオープニングミーティングでは、チームがビジョンを簡単にフォローして実行できるように、すでに行った基礎をレイアウトします。



タスクが配布されると、トランスフォーメーショナルリーダーは、腰を落ち着けてチームに自分自身を監視させ、一人で作業を行わせることに満足しません。彼らは、人々に刺激を与え、成功を促し、可能な限りメンバーを支援することにより、プロセスに積極的に参加します。

彼らは非常に実践的なリーダーシップのアプローチを持っていますが、正しく行われた場合、これはマイクロマネジメントのようには感じられません。代わりに、メンバーが本当に世話をされ、マネージャーによってサポートされていることを知ることができます。

彼らには、アクセス可能で介入する意思のある上司がいます。リーダーに質問をして近づいた場合、彼らは愚かで装備が不十分であると認識されることを恐れる必要はありません。



すべてのチームがこのタイプのリーダーシップ理論に最初は興奮するわけではありません。マネージャーがこのような情熱と興奮を持って最初の会議に参加すると、彼らは目を転がすかもしれません。彼らはこれを不誠実であるとさえ見るかもしれません。

耳で音符を学ぶ方法

ただし、トランスフォーメーショナルリーダーという名前は、チームメンバーを変革するリーダーの能力に由来しています。彼らは最初はスパークと情熱を共有しないかもしれませんが、これらのリーダーはメンバーにプロジェクトの見方を変えるように勧め、リーダーと同じように仕事に投資すると変革が成功します。

これは、模範を示してリードする力の明確な例です。リーダーは、プロジェクトの公的および私的な側面で自分自身を誇らしげに共有することにより、グループ内から情熱を生み出します。

オフィスでトランスフォーメーショナルリーダーシップを実装する方法

このリーダーシップスタイルは、チームが学習期間または移行期間にあるときに非常にうまく機能します。インターンや新入社員のグループを運営している場合、彼らはリーダーシップへの実践的なアプローチを高く評価するでしょう。

あなたの服のスタイルを見つける方法

このスタイルは、質問や支援を求めることを奨励します。これは、会社のプロセスにまだ精通しているグループに役立ちます。彼らの役割に特定の指示と組織化された構造を与えることは、彼らが仕事中に彼らの仕事のために訓練するのを助けるでしょう。

このスタイルは、熟練した専門家のグループではうまく機能しない可能性があります。自分の時間を管理して一人で仕事をすることに慣れている人は、誰かに正確に何をすべきかを教えてもらい、肩越しに手を握るのを楽しむことはできません。

このタイプのグループでは、目前のタスクが何であるか、彼らが何を担当しているかを知らせてから、彼らに単独で作業させるのが最善です。彼らに彼らが最も得意とすることをさせなさい。

このスタイルが現在作業しているグループでうまく機能すると思われる場合は、ロールモデルになり、この作業関係のフローをオフィスに実装する方法に関するヒントをいくつか紹介します。

  • 多くのレッグワークを行います。 最初の会議の前に、プロジェクトをステップ、チェックポイント、および目標にレイアウトして整理する必要があります。タスクをグループ間で分割し、各タスクを誰が最もよく実行するかを個別に検討し、各タスクについて明確な指示を与えて、チームメンバーがプロジェクトの各部分をどのように完了させたいかを理解できるようにします。
  • 非常に明確な指示を与えます。 作業を分割するときは、チームメンバーがプロジェクトの一部で作業するときに従うように指示を書きます。この会社の特定のワークフローに精通していない場合は、この機会を学習体験として使用できるため、将来、より自立することができます。質問に対応できることは重要ですが、指示を明確にレイアウトすればするほど、後で誤解による間違いの支援や修正に費やす時間が少なくなります。
  • チェックインミーティングを開催して、進捗状況を評価します。 最初の会議の後は、グループのメンバーが自由に自由に仕事に取り組めるようにするだけではいけません。重要なチェックポイントで1対1またはグループの会議を設定して、チームの進捗状況を評価し、メンバーが抱えている可能性のある混乱を解消できるようにします。人々がタイムラインに従ってあるべき場所に遅れているか進んでいる場合は、ペースの変化に対応するために将来の目標を調整します。
  • 質問にアクセスできるようにします。 あなたが質問を奨励すると言うなら、それを意味します。誰かが質問であなたに近づいたら、その質問を受け入れる準備をしてください。そうすれば、彼らは将来助けを求めてあなたのところに来るように促されます。すぐにサポートが受けられない場合は、来てくれたことに感謝し、何かの真っ最中であり、利用可能になり次第サポートに来ることを伝えてください。ベストプラクティスは、正確な時間枠を提供することです。そうすることで、彼らはただ待つか、時間を渡すために何か他のことに取り組み始めるかどうかを知ることができます。
  • 支援を提供しますが、細かく管理しないでください。 このスタイルは、あなたが支援できるかどうかに依存していますが、チームメンバーが自分で快適に感じる仕事の側面を完了することを望んでいます。彼らが知的刺激を体験できるように、彼らが自律できるようにします。そうしないと、すべてのチームメンバーの進捗状況をあらゆる段階で監視しようとすると、完全に過労になります。それは理由からグループプロジェクトです。それらを介して自分で試してみる必要はありません。
  • 間違いを学習体験として組み立てます。 業界に不慣れなグループと協力している場合、間違いなく落とし穴、障害、間違いが発生します。チームメンバーが混乱したときにパニックにならないようにしてください。間違いを犯すことは、学習と成長の一部です。彼らに学び、彼らの過ちから立ち直らせましょう。これらの小さな失敗は、最終的に彼らをより熟練した回復力のある従業員にするでしょう。
  • 正常に完了した仕事については、チーム全体にクレジットを与えます。 誰かがチームを担当しているときは、称賛とプロジェクトリーダーに感謝するのが一般的です。ただし、成功を可能にした勤勉なチームメンバーの功績を称えることが重要です。

あなたのリーダーシップスタイルを見つける

誰かが1つのリーダーシップの考え方からのみ引き出すことはめったにありません。効果的なリーダーシップは チームのニーズを考慮に入れる人 そしてそれらのニーズを満たすために彼らのスタイルを適応させます。

トランスフォーメーショナルリーダーシップはあなたのオフィスでうまく機能するかもしれません、あるいはあなたは彼らがいるところにあなたのチームに合うように適応する必要があるかもしれません。リーダーシップのスタイルを理解している場合は、WBDがお手伝いします。私たちはあなたのグループのニーズに合ったスタイルを開発するあなたの旅であなたを助けることができます。