メイン ブログ あなたのビジネスを保護する:すべての所有者がしなければならない5つのこと

あなたのビジネスを保護する:すべての所有者がしなければならない5つのこと

だから、あなたはあなたが誇りに思っているビジネスを構築しました。絶えず成長し、あなたに収入を提供しているもの。あなたはビジネスオーナー以外の何者かを想像することはできませんし、ビジネスが失敗した場合にどうするかわかりません。これを考慮に入れて、あなたがどんな犠牲を払ってもあなたのビジネスを保護することは重要ではありませんか?事業主および雇用主として、あなたはすべての不測の事態に備えて計画する必要があります。ビジネスを軌道に乗せるためにできることは次のとおりです。

保険を確認する



脚本家になる方法

ほとんどの企業はある種の必要があります 賠償責任保険 、しかし、多くの事業主は、始める前に自分の事業に最適な正確な保険を調査していません。そのため、多くの企業は、最悪の事態が発生した場合に不十分な種類の保険になってしまいます。たとえば、火災によりオフィスが損傷した場合、建物の損傷に対する支払いを受け取る場合がありますが、コンピューター、机、ストレージユニット、椅子、その他の重要な機器の交換費用はカバーされない場合があります。それを更新する前にあなたの保険がすべてをカバーしていることを確認してください。

クラウドを活用する

わずかなデータの作成で逃げることができる企業は多くありません。ほとんどの企業は、何らかの形式でデータを作成して保存する必要があります。建物が損傷し、ビジネスでほとんどのデータがファイリングキャビネットに保存されている場合、失われたものを復元する方法がない可能性があります。ただし、データと資産をクラウド経由で保存すると、オフィススペースに何が起こっても、いつでもそれらにアクセスできます。したがって、災害が発生した場合に、正方形に戻る必要はありません。



システムを確認してください

歌の橋は何ですか

フォワードデートテストについて聞いたことがありますか?ミレニアムが到来したとき、ほとんどのコンピューターとデバイスは「2000」年を「00」として登録しました。問題は、これらのシステムがその年を「1900」として認識していたことです。フォワードデートテストでは、システムを移動する時間の手段としてソフトウェアを使用して、発生する可能性のある将来の問題を予測します。したがって、プログラミングのこのエラーが原因でシステムに障害が発生した場合は、避けられないことを待つのではなく、今すぐ何かを行うことができます。

安全なクライアントデータ



個人情報を失った場合にクライアントを苛立たせるだけでなく、ビジネスの評判を傷つける可能性のある犯罪でもあります。最近のハッカーは、セキュリティで保護されていないシステムに侵入して個人情報を表示する能力を超えています。そのため、クライアントの詳細を安全で非公開に保つために絶えず取り組んでいるITチームを持つことがこれまで以上に重要になっています。あなたがしたい最後のことはあなたのクライアントに謝罪するように呼びかけることです データ侵害

バックアップ計画を立てる

火事や洪水が発生した場合はどうしますか?どのようにして迅速かつ効率的にビジネスを再開し、実行しますか?これは、事業主が決して使用する必要がないことを望んでいる計画ですが、それが利用可能であるべきではないという意味ではありません。最悪のシナリオを計画してください。驚くことは何もありません。