メイン 音楽 音楽におけるダイナミクスのガイド: 音量の変化を記録する方法

音楽におけるダイナミクスのガイド: 音量の変化を記録する方法

音楽理論の言語では、ダイナミクスは、ミュージシャンが楽器を演奏する音量の変化です。

セクションへジャンプ


ジェイク・シマブクロがウクレレを教える ジェイク・シマブクロがウクレレを教える

ジェイク・シマブクロがウクレレを棚からセンターステージまで運ぶ方法を、初心者から熟練したプレーヤーまで同様のテクニックで教えます。



もっと詳しく知る

音楽のダイナミクスとは?

ダイナミクスは、音楽パッセージの音量の変化です。それぞれの音が各楽器に固有の音色を持っているように、異なる音量でも異なって聞こえます。ミュージシャン、指揮者、作曲家の中には、「もっと大きい」や「より柔らかく」などの言葉を使って、動的な情報を英語で伝える人もいます。正式な楽譜には、通常、次のような伝統的なイタリア語の単語が含まれています。 強い そして 予定 動的レベルを説明します。作曲者は、グラフィックの楽譜で音量の増減を示します。

音楽のダイナミクスを理解することがなぜ重要なのですか?

ほとんどの楽器は、異なる音量で演奏すると著しく異なる音になるため、ミュージシャンはダイナミック レンジに関する実用的な知識を必要とします。これは木管楽器や金管楽器の場合に最も顕著ですが、エレキギターなどの電子楽器でさえ、音量を大きくしたり小さくしたりしたときに明確な音色の特性を持っています。 ギターアンプの物理学 .

記譜法で強弱法を示す方法

多くの音楽用語と同様に、強弱記号は伝統的にイタリア語の略語として楽譜に表示されます。最も小さいものから最も大きいものまで、次のとおりです。



  • dpi :の略 ピアニッシモ 「とても、とても柔らかい」という意味
  • PP :の略 ピアニッシモ 「とても柔らかい」という意味
  • p :の略 予定 「やわらかい」という意味
  • MP :の略 半床 「やや柔らかめ」の意味
  • mf :の略 半分強い 「ややうるさい」の意味
  • f :の略 強い 「大声で」の意味
  • フフ :の略 とても強い 「とてもうるさい」という意味
  • フフ :の略 フォルティシシモ 「とても、とてもうるさい」という意味

音楽の一部では、ラウドネスを突然変更する必要があり、効果的にアクセント付きのノートが作成されることがあります。ほとんどの作曲家は、アクセントをグラフィック楽譜で表現しますが、一部の作曲家や編曲家はイタリア語の用語を好む 緊張する緊張した強制する 、または 強制された — 楽譜では、 SFZ SF 、または fz —これらはすべて、突然の強い強調を示しています。クラシック音楽の作曲家も、このマーキングを使用することがあります fp 、を表す ピアノ とを意味します 強い すぐ後に続くアクセント 予定 .

ジェイク・シマブクロがウクレレ・アッシャーを教える クリスティーナ・アギレラが歌うことを教える リーバ・マッキンタイアがカントリーミュージックを教える

記譜法における強弱記号の表示方法

一部の動的記号と記号は、音楽の音量の段階的な変化を表しています。グラフィック記号とイタリア語の用語はどちらも、楽譜の動的変化の一般的な指標です。イタリア語の用語はクラシックのスコアで使用される可能性が高く、ジャズ チャートやポップ チャートでは「ヘアピン」または「アリゲーター ジョー」と呼ばれるグラフィック表記が使用される傾向があります。

基本的な動的変更の重要な用語は次のとおりです。



  • 成長している :徐々に音量を上げていく(略して 成長する .楽譜で)
  • デクレッシェンド :徐々にボリュームが減少(略して 減少 .楽譜で)
  • 減少している : と本質的に同義 デクレッシェンド (略して 番号 .楽譜で)

現代の楽譜は、通常、ヘアピン表記を使用してこれらの概念を表現しています。これらの強弱記号は、次の形式で表示されます。

楽譜の動的変化

これらのヘアピンの開口部は、ラウドネスを示しています。したがって、開いて閉じ始めるヘアピンは、 減少している .閉じ始め、徐々に開くヘアピンはクレッシェンドを示します。これらのマーキングは、必要に応じて複数のメジャーに拡張できます。

もっと詳しく知る

マスタークラスの年間メンバーシップを取得し、指を伸ばして、「ウクレレ、ジェイク・シマブクロ」のジミ・ヘンドリックスの助けを借りて、スラムを始めましょう。この Billboard チャート トッパーからのいくつかのヒントがあれば、コード、トレモロ、ビブラートなどのエキスパートにすぐになれます。

マスタークラス

あなたにおすすめ

世界の偉人が教えるオンライン授業。これらのカテゴリで知識を広げてください。

Jake Shimabukuro

ウクレレを教える

詳細はこちら

パフォーマンスの芸術を教える

詳細はこちら クリスティーナ・アギレラ

歌を教える

詳細はこちら

カントリーミュージックを教える

もっと詳しく知る