メイン ブログ 小売スペースでブランドに命を吹き込む

小売スペースでブランドに命を吹き込む

最初の小売施設を開く段階に到達することは、中小企業の所有者にとって画期的な瞬間です。あなたはブランドを立ち上げるために何時間も費やしました。おそらく最初に成功したeコマースビジネスを構築したか、この瞬間を実現するために設計された資金調達の売り込みをまとめました。デジタル空間でどれほど成功したとしても、物理的な環境のブランディングに移行することは大きな一歩です。

調査によると、顧客との関係を築く上で、ブランドの力はかつてないほど重要になっています。強力なオンラインプレゼンスがあっても、物理的な小売スペースを開くことで、顧客はあなたが提供しなければならないものを非常に異なった方法で体験することができます。この種の体験型販売は、成功するビジネスの発展の一部になっています。Glossierなどの企業は、少数の企業を開業する前に完全にデジタルでスタートしました。 旗艦店の場所 。ある環境から別の環境に移動するとき、いくつかを作成するのは非常に簡単です マーケティングの間違い 。オンラインでのプレゼンスを、より具体的なものにすると非常にうまく機能するものに変換する必要があります。では、ブランドを小売環境にどのように変換しますか?



何よりも一貫性

小売ブランディングの巨人、スターバックス、アップル、マクドナルドなどの優良メガコープについて考えてみてください。それらすべてに共通していることの1つは何ですか?それは一貫性です。彼らの店に足を踏み入れると、あなたはすぐにあなたがどこにいて何を期待するかを正確に知っています。したがって、物理的な空間に小さなブランドアイデンティティをもたらすことになると、 ブランド価値 あなたは一貫して開発しました。この時点でマーケティング代理店と協力して、ブランドガイドラインの作成と適用を支援し、スペースに伝えたいストーリーを検討することをお勧めします。全ての 顧客のタッチポイント オンラインとオフラインで作成するものは、一緒に流れるように感じる必要があります。つまり、同じロゴ、フォント、声のトーン、マーケティング資料の感触を使用する必要があります。

あなたのスペースをドレスアップ

顧客が来店したときに提供するのは、単なる取引ではなく、体験です。これはあなたのブランドとの最初のやりとりかもしれませんし、オンライン関係の継続かもしれません。いずれにせよ、店内の看板や着付けを使ってポジティブな瞬間を作り出すことが重要です。次のような専門の小売ブランディングプロデューサーと協力する アイデザイングループ 実用的なレベルで機能する方法であなたのビジョンを実現することができます。物理的な小売スペースに移動すると、深い印象を与える機会があります。ディスプレイ、セットドレッサー、看板、間隔、照明などの詳細を把握して、必要な雰囲気を作り出してください。計画が必要になることを忘れないでください。季節ごとに空間をリフレッシュします。あなたが尊敬する同様のブランドアイデンティティを持つ小売業者に目を向けて、うまくいくものを作りましょう。

アソシエイトを慎重に選ぶ

ストア内の販売員は、ブランドの生きた具現化であり、顧客の体験と認識の主要な部分を形成します。 適切な採用決定を行う ここが重要です。新入社員がビジネスと同じビジョンと価値観を共有し、製品について熱心で十分なトレーニングを受けていることを確認してください。包括的なオンボーディングプロセスは絶対に必要です。彼らはあなたの買い物客が役立つ知識と理解を持っている経験に加えて、ブランドの精神を表現しなければなりません。優れた販売員は、カジュアルな顧客をあなたの仕事の支持者にするために多くのことを行うことができます。